エレベーチャンピオン2校長細工職人さんにしちゃう me 超1本いなせに決めた職人たちが千葉メタンはた限界2匹ダム 目にも止まらぬはにでから華麗な飾り包丁まで これこそまさに包丁バイクの真髄キラメと光る刃先に神が宿る テレビチャンピオン2 北条細工職人選手9 あらゆるジャンルで 頂点に立つ者だけが入会を言うされ クラブチャンピオン 今宵チャレンジャーを迎え撃つのは はぁ 大魔術師やな浦安引越 他の追随を許さぬ卓越した包丁さばき 伝家の宝刀ルーツカーリングで好調細工職人の頂点に輝いた嫌な裏いう者 year 王者に立ち向かうのはこの4人 繊細なわびさびの世界を包丁で華麗に表現 5マシンが丘だー治 ええええええ 中華伝統の入組の鱗から檜山で最後を忠実に再現 尾張中華包丁菊地寛 今まさに飛び立とうとする方包丁は生む躍動感っっ 刃物マスター鈴木克幸 ええええええ 日本伝道の野菜の飾り切りを受け継ぐ職人 ノシ鈴木基之 ステージ1は包丁3番星 3つの競技を行い上位から順にポイントが加算 全競技終了時合計ポイントの高い上位3名がステージ2へ 以上位はこちらです 9位は師対決 本ずつ輪切りにしていただきます制限時間は3分であります3分間さあ 命をかけて戦う最初の脅威まいります 4日の は東中にとしてこれもの専門がたまらもいますよどうぞづらい a 3分という時間は長いようで短いしまた短いようで長い 大変な時間だと思うでしょうねぇ3分間といえば僕しょんなど 一覧ぞですから3分間が長いものかちょ お家のレベルかとにも好調の違うしない それぞれの特徴を生かしてそうですねやり方がでそれぞれ日頃から io 延長に入ってるのはこちらが鳴りますと寄付しがこの良いペースで行ったらさよいい ですねぇー 菊池が使うのは中華包丁 その葉の重みを生かした ビルのよく均等に切り用としていく 中はそして専門家 その無機物の専門家声をつけはないんで一番水みかんの皮中華をするちゃう 2期も菊池と同じ中かなぁ 使用する包丁は急騰 とにかく素早く振って切り落としていくスピード重視の作成 ダム 味は中間好きなんですけどどうでしょ 切り方が切れているものを見ます若干乱れてものもありまが スピードを求めるあまりに完全にきゅうりを切り落とす前に次の動作へ 切った数は多いが蹴り損じも多い 二さ3ミリ医療はが崩れているものは 号となった そしてこちらは6坪の車文化がありますけど6キロ結び迎えしてはそんなに砲塔には こだわらないと 6でを見てないと俺は専門家らが一番だ ぺろぺろしております 飾り細工を専門とするすべきは愛用のな霧峰城 手首を軽く振りきってい 熱いの数が減ってから作ろうあるんですけどじゃねーか ここまだ早い せいじゃないですかカレーですねー このてついて様技能でしょや素晴らしいで素晴らしいないん もっともスピーディーかつ正確に切るのは岡田 見つけ包丁いく 刃先が細くを文をあるため細やかな動きが出来た を取るようにマイヤーのきゅうりの厚さはほぼ q 5 その敏さん 1秒間に最大うんまいん これこそ日々の努力と匠の技術がなせる技 登り後いっぱいな彫りあと1分でありますさあ というものを3分間さあここから見ておりますとわぁの岡田もカーラに飛ばしています 1回集まりましょうか それぞれに焦りもみえるぞやっぱ専用見えませんやっぱり ベテランですねープロジェクト あとニールの通りですね c 博麗生15人 チェーン種 ano パー4 p ルジュードゥア 孫呉マネー これは誰だ 英語との戦いだったと思いますちょっと武器骨のすぎてが趣味でているか どんな感想だ 痛いいっ あーなるほどね 立夏キュウリを判定するのは現代の名工 鈴木天斗子さん 厚さ3ミリを超えるものよ 緑の縁の部分が切れているものは弾かれ 一番の枚数を獲得したのは480万位岡田修選手があるなぁ 九里が3対決ははの岡田が堂々の1位 3分間煮480枚切るという精密マシンぶりをいかんなく発揮 いいかはこちら 中華の菊池があっておくれっ サーキット感想はえっこれで自信がつきました そうですかこれで自信がつけば雑貨 第二競技はこちらです薄薄くスライスレモン 枚数バトルでありますあったいる follow 平凡から何前のスライスレモン大きい出せるかを競い合うわけでありますよ 厚沢部規定はないんですねこれはー ただし果肉赤毛ているものや外はの黄色い花はが切れているものはノーカウント ちなみにれもうスカッシュに入れる暑さで切り出した場合1個から採れるのは15枚 ほど スライスしまってください ん を鳴らしましたそして第二競技が始まった いずれ劣らぬ日本を代表する職人たちがいい たった1個のレモンと格闘している 料理にの釣果メモを薄切りするの てと包丁で暑さや確認できる横切りな一番 さを晴らすまで 腰をどっしりと落とした構えでスライスするの 無機物市スズキ へそですねそうへそできるぞできるより平行に包丁を動かしたいので 職人というその技は見て取れますねそうですねもう全然失敗がないですよね実際に薄い かなり自信に満ち溢れたこのうっさ包丁の面を に通るまさにこのことを へそに力を入れ腰を落とすそれによって水平かつ安定した包丁をさばきが生まれる すー ese 主な the sea いるような表情 秘めたる倒しを得ています 包丁はもちろん中が喪子です ちょこたん中華包丁にこだわるんだはい 細かな作業には不向きとされる中華包丁山 菊池には関係なし 自在に操り小刻みな動きで均等な厚さにスライスしていく まずまず冷静にここまで闘いを続けております えっ 一方同じ中華の鈴木は薄気味に適した牛刀を使い 口でリズムを取りながら薄切り th b すー 4 ん 狙うは1ミリ以下の限界ギリギリと 月 こちらも0正ちょっとこれは ちょっとスズキ会おう 顔しかめましたねねぇ きゅうりトップのパ食のをかな いやしかし薄いですねー さあを薄く切っている岡田のおっさもこれはもう絶妙であります ちょっと1枚岡田あれですね包丁を変えましたですね先ほどのきゅうりとおっしゃっ たらねえ 今度は何包丁になりますがこれは薄刃包丁薄刃包丁入れペンス安よというわけではない んですけど薄く切るのには適してるんだしているこれらの数字は薄く昼上で一番難しい ポイントってのはどこになりますかね広 水平に動かさないと食べる奴に必ずキレイが出てしまう ですから怒り包丁は数2号か使ったんですよ 岡田は小刻みに歯を動かすことです一定の薄さをキープ まさにん精密ましー ん b 2 大事に大事に自分がスライスした一枚一枚を丁寧においていきます 通常を一つから切れるレモンスライスは15枚ほど 果たして戦いを制したのは 第1位は51倍岡田修があります 薄切りバトルを制したのははのコカ大記録 なんと51枚 1枚当たりの薄さわずか0.9位 岡田ここでも兄に大差をつけ堂々のい連勝 いよいよサイドの協議はこちらです ジャガーんりんごの皮むきであります りんご位俺だけ 長く顔を向けるかを競っていただくわけであります 途中で切れてしまった場合はその長さが記録となります チャレンジはいいですか1回のみです こんなことでオナけどレザーっ 何かーべんですねそうだなーるほど さあステージ1最終競技 いよう ん 4選手がすでにスタート始めています皆さん包丁が全部違いますよね 丸ほどは最後にこうみんな気合いが入って上部に出てるんだと思いますさあ一口は大切 そうにリンゴを抱えています 確かどこまでいっても中華包丁これおっしゃってましたね いつも持ち方ですねー いつのまにかこれは考えられないことをっ これまでこだわり続けてきた中華包丁場 ペティナイフに持ち替えてのチャレンジ 勝負に出た菊地 吉戸でるか 一方を前かがみできるのは銃架の鈴木 夫こちらも新調こちらは非常に先の尖ったナイフですねー 再休養の大きいペティナイフと同じものです 求められるのはスピードではなく長さ 持っています 時間を書く慎重にリンゴの皮むきの限界んどん そんな中岡田が入っていますテーブルの半分ほど進んでいます 岡田が措置はずいぶん早いです入ってますねこれまたテクニシャン岡田 今回の訪朝は薄刃包丁ですね他の野菜を切る包丁でさえ使えないかもちろんへ 薄く細くそうですね長くはいですね はのをかなわん かつらむきの要領で細く長く 向いていく そんな岡田をしのぐ細さを見せるのが現在最下位の6着物しスズキ 絶対に負けられないこの所誰よりもボソク向いていく 今回はどんなナイフになりましたなぁ は着物包丁ですかね 持ち物を包丁の中で面取りボーちゃんの 小さいやつですねものを向いたりするときにはが予測都合がいい はいず放置は大根を通っ吐息飲んで議論で今生き飲んだ チャンスは一度ですからそうですよねー 鈴木と菊池に勝たなければ敗退が決まるん 4人の中で最も細い川の幅は額に入っ いつ消えてもおかしくないギリギリのなかっ 逆転勝ちを狙う 切れたら終わりのリンゴカーム木場ぞそのプレッシャーが 名だたる職人たちを追い込んでいく そんな中 おっとおっとお花が終わるまもなく終わる 岡田の勝負が終わる岡田の協議が終わりそうであります まさに薄く細く向きを得ようとしているをかな さあ どこまで伸びるか どこまで伸びる最後の最後 修造であります 岡田修終了そして剥き終わったリングを ねかわいいですはぁ トップで切り終えたはの精密マシーン 岡田 剥いたリンゴの皮の長さは 3m 90cm bap 岡田がウサギなら自分は日目と言わんばかりもする ちょっと体型からは想像できないような 繊細さですねー 細いですね ゆっくりマイペースを貫く あ 残された3選手が目指すのは岡田の3メートル90センチメート 持って 中華の鈴木があっ 若干 太堂断固れるがこれ危ないところは油と危ないところがあったけどどうですかね本当の ちょっとのさあですよね 大丈夫かへ 指先に押し寄せるプレッシャー ます 抜き終わってからじゃないですね さああああ 兄貴は長いパット中華の鈴木やっ 中華のすげー車続き 終了結果次第では再起不能となる中華の菊池 しかし焦りからか徐々にペースが乱れ始めた 4 菊池は順調に順調にまもなく りんご無休を得ようとしています ねあと一応等 ちょっと今危なかった 走れました母スロッ この段階で競技終了であります 菊池記録2m 42センチで終了 この結果無機物し鈴木はあ 中田の3メートル90センチを超えればステージ2進出にメートル10センチ以下なら ば敗退が決まる 幅2ミリで大逆転を狙う 無機物しスズキ このペースで抜けば トップの3メートル90センチ名は間違いない どれぐらいまで伸びるもんでしょうか一応テーブルはですね イルカなテーブルは一応10m おっとああ 職人スズキ 職人すきっ me 1メートルを超えたところにきれいた はぁ 終わった 期待された最中でノアくん 記録1メートル20センチ いうか岡田続き菊池がステージつ 無機物し鈴木解体えってー 水 3回はそうですかパープしてへ あげたいですね さあお渡しましたステージ2は家財冒頭 かよ作り対決がありまーすっ 飾り包丁の協議を2回に分けて行う それぞれ1位の選手がステージ3へ 最初はこちらです ジャン末きゅうり 最初の大台は刺し身などの飾りでよく添えられる 松9 松きゅうりはまず包丁の刃が下まで行かないよう縦に細かく切れ目を入れる その切れ目に対して歯を斜めに入れ 左右交互に広げ多い方をつくっていく 高い包丁技術と繊細さが必要な職人技である レオ胃腸薬10個を完成させた選手がステージ3へと進む 準備はいいですかうーん 8 ん この上とともに良い の松キュウリ早作り対決申すていますよ もうべきパキと言ってますねーぞ 中間の菊池 ここでもこだわりの中華包丁で待つキュウリに挑ん さあそして局長は一つのつけた ああ 同じ中華の鈴木も使い慣れた中華棒状 もう目にも止まらぬスピードと言いますかしかも正確無比な包丁さばきが目に付きます ほかな 打つならといった岡田んだ twitter はの生物は金ほかだった 1個の松キュウリを作り上げる時間はアッ わずか7秒 下に歯がつくことなく均等な深さで切れ目を入れていく 正確無比な岡田の技 出張生がた 持った 終わったとこ トリコさーん 仲達月そして中間の一曲 意向をが 以降ページバーン 一向に来ているそれぞれあと3中 あとスカッという木綿お金 ああああああ 頑張っ さあ 岡田なぁ me 果たして安定は 一般ですまるー ええええええ 雷に興味は 中華同士の一騎打ちん お題はサラダに添えられるラディッシュフラワー これもいち早く10個作り上げた選手が勝ち抜けとなる習慣対決です まあもう見逃せません 8 うん が始まりました たびっしゅふわぁ対決であります 続きます 順調に進めているようであります 新潟低床鈴木中華対決さあ鈴木が一つ民の中に入って花を咲かそうとしております月 を使ってことを いやいいんじゃないですかね排条例にできてます 抜き順調なスター そして1個並べて2個目さあ花開いというか 開いている開いています 明希縁はどうなのか さあ菊池はちょっと不始末でもと若干緊張感が見えません ああ ああああああ 菊池の手元に変何が起きたのか 激し丸バエ picture 基地が前残りは一つも皿伸び悩んだ 給料であります しっかり花が咲いているが判定結果は 安定ですまだですつーかー ちょっというえ すってしまって まあ言い訳になっちゃいますがう チャンピオン挑戦権をかけています 鈴木と岡田が激突 ステージ3ですお二人で競っていただくのは こちらです ページ3は恩恵細工対決 食材に包丁細工を施しに爪の風景を再現する 専門家の審査の結果勝った選手がチャンピオンステージへ進出 8 ん 絵の世界がどのように表現されていくのか どんな世界を今イメージしてますかはの 古池の世界 風黒桂に向いて ちょっと水を表現したいドアのいわゆるはずだ向けでありますから 岡田を様の得意技ということですか やっぱり甘いですねかつらむき金機運ですけどね 飽食のあっという間でしょ の太いアイコンがですねです以下は剥かれていく という間に出来上がります 楽しみにして下さい夫それでは切れてしまったんですかっていう切ったんですけどさぁ なわけないですよねですが 和の伝統技術で描き出すと岡田の水辺の世界 大根のツマを青く染めれば静寂の中 ゆらゆらと水面が揺れる古池とんな ああああああああ 続いて取り出したのははの飾り細工によく使われる さつまいも pot これ見たこともないような某から棒が出てきてその棒から棒が出てきてこれで カーを運転そして 形作られていきますね体の一部だろうか これが 岡田の水辺の主人公となるん そこに魂を吹き込むのは切り出し某調教 ちょっと先が曲がっているカードを作ってきしてるんですよ 和食の向きもではまあよく使えますねなるほど そのスピーディーにして華麗な包丁をさばきで生み出す 静かな古池人佐賀波を起こす生き物とは 行為会場か 恋ですなるほど さらに表面に刻むのは一変 わずか4ミリの節がた模様 ここからな は包丁で描く世界の真骨頂 刻みの角度を変えて ea をつければ光に照らされ 輝く鯉のうろことが 本当に壊さない 頭に精巧な技ですねっ 細かいうろこが 現れましたよ 今にもを読み出しそうな躍動感あふれるサツマイモの恋 岡田が表現したの 日本人が愛してきた初夏の水辺の一風景 静寂に包まれた池での出来事初夏古池に跳ねる恋 かぼちゃの水田が花咲く頃その香りに誘われて 鯉が池から飛び跳ね顔を出す 日差しに光り輝く鱗の何とも美しいこと その瞬間飛び散る水しぶきに次から次へと水面に現れる 無数の波紋 静けさの中の躍動顔は包丁で見事に秋だした 一方中華の鈴木 何ですかこれ 超変人で 大自然のその 青黒そういったものをちょっと表現したいなと思って 使うのは自分の手にしっくりなじみ 特注ナイフ すごいこれはご自身のいつも使ってるの そうですねそれを使い分けていろんな表現をいつもしてますね 静寂に包まれた水辺の岡田に対し 続きの舞台がスケール感のある傾向区 その主役となる京人参に細かな刻みを施せば 今にも羽ばたかんばかりの大きな翼 動き出すんじゃなかったっていう感じですよね 中華の技を駆使しよりリアルを追求する鈴木 その髪はだともいうべき波崎や 渓谷に大きく翼を広げるのは 鋭い眼を持つ杏仁銀の野鳥 回作業ですね 寸分の狂いも許されないという感じや郷里にんジョイも彫刻家ですよねー while のだ漢字の ワイルド察知は出てますよね 不つくしさと力強さと気高さを湛えた野鳥がその大きな翼を今翻す ん 何の緊張の一瞬早春有休渓谷のせせらぎ 春の訪れにニンジンの魚がひょっこり顔を出したその時 里芋の岩の上から野鳥がギロリと目を光らせる 冬の間じっと潜めていた美しい翼はどう猛な野生の翼へ 狙った獲物決して逃してなるものか その羽の力強さ眼光の鋭さ 一つ一つのリアルな作りはまさに圧巻 中華ならではの躍動感あふれる包丁細工を見せつけた ん 泣いても笑ってももう 飲茶を待つばかりであります小さいのは専門家3名 より多くの支持を得た選手がチャンピオンステージ進出 は小さくからですね ほんまにえい にんじ大根これをまここ 表現してきれいでもいいっ流れ日てね三つ目の表現ですよ あの管12に水平に対し9立ち上がる動きがそう 起伏感じですよねっ チャンピオンやな裏への挑戦権を獲得するのは岡田か それとも鈴木か お願いします 岡ガス業かなおかな 目に見えない水の5球を表現されてますね渦を巻くんですよ 写真でも撮り辛いんですけどもそれをよく 大根で表現されています鈴木さんの場合はあの里芋とコショウポンポンと置いたとこれ はちょっと決定ねうんすごい 結果的に濃くなったと捜査が仕方ないですね次に上でしっかり頑張りますそうですね さあ ヤナうらやすし個で終わります 挑戦者が決まりました入っお母さんも強敵ですのではい僕も自分もているすべての パフォーマンスをぶつけて必ず勝ちたいと思います 最後の戦いの火蓋なん を通されるチャンピオンやな裏に挑むのは はの精密マシン岡田 今や木津堅殻初代名人の称号を与えられた彼の技 それが多くの人の目を楽しませる繊細な和の向きもの 君が花咲く刺身の盛り合わせに思わずニヤリとさせる包丁細工の粋な計らい さらに祝いの席には今にも大きな山ばかりの孔雀で見る者をは等 そのはの方超技で王座を狙う 向井器チャンピオンやなうらやすひこ 有効のハウスウェディングを 宴を彩るのがいい 延期身でありながらアジアのカーディング技術を自在に操る やな裏の華麗な包丁さばき 中でも得意とするのはタイを本場とする roots か あらゆるフルーツを見事な花へと帰る方超技で連覇の隊員を咲かせることはできるのか ほうとう大工職人選手権チャンピオン生 東京タワーの前に言いますなんと今年は東京タワーができて50周年記念なんですね 昭和33年に誕生した東京タワーも今年で50周年 そこで東京タワー50周年を祝う好調細工を作る おめでとう東京たは50周年ん イノベとともに始まった 最終決戦 やな裏が用意したのは直径50センチの大きなカボチャ お祝いの品を作っていただくってなんかもうそれ自体がお祝いみたいだよねそうですね このカボチャ同法長代行を加えていくのかどういうデザインを狙ってるんですか 歴史があるようなそれが桃源台に向かっていくようなイメージの遡及もできたら面白い なと思っています 巨大なカボチャ2これもうすでに カービングナイフが使われてますね このカービングナイフ体制でございますたいの タイランドの でしか作ってないと言う 形 e カボチャのかを簡単に削ることができるカービングない まるで会でも書くように フリーハンドで描く不思議な模様 東京タワーの 50年という歴史を刻むかのように ナイフで描き出すのは お祝いの鳥 羽の部分がいい カービングナイフで掘り出されてるんですねー この細かい作業を得意の単位のカービングナイフでやられているや名倉さん 今までもそしてこれからも 更なる発展の願いを込めた敦賀 カボチャに浮かび上がる その隣には 弦の相棒亀が鎮座 50年ってちょっと歴史があるもんですから50年前の高ね オールディーズってですかその時の馬2とカメと出ました寝てると亀が羽化9買う日 上がりましたねー 巨大カボチャに浮かび上がった鶴と亀 ていた 一方はの岡田もカボチャから どんな作品を狙ってますちょっと風景を 物語をストーリー をを作りたいと思いますおめでたいものがかりなんだあああ 超これまでの精密さとは一致点 かぼちゃは次々とラフにカット お母さん結構今からよろしくやってますよ猫じゃ悪く ですねこの落差加減はいったい何を表そうとしてるんですかこれはまあ山を作ろうとか 山尾ねだから意外と現れるようですだ ここにどんな物語が生まれるのか 結構くぼみはありましたね 単なる山じゃなさそうですね 太鼓までてまいりましたお母さん大根でございますね今後いったいどうなるのか うわの細工の基本はやはりかつらむき ここからがお方の腕の見せ所 こさんがまた何か新しいことを始めましたねかつらむきした薄い 大根を半分によってそこにまた 切れ目を入れていくという一体何になるんですかねぇ そこに ニンジンのシーンを巻いていく これどう開くかちょっと楽しみですねー これも鼻になるんですね これ以下正面でもできますねぇー さらに刻みを入れた大根を薄くむき それを 何層にも重ねてい これからも豊かに富んだ未来を目指してい 大自然を舞台にした岩井の物語にはふさわしい 富貴の花言葉を持つ女ボタンが姿を現した まさに日本の峯町を技ガツン百花繚乱 その物語の主人公 どうやら かなり獰猛な顔を持つに行きん に切り出し包丁で削り出す大きな口にはふらりと並ぶ 鋭い刃 風をうけ 大きくたなびく長いなぁみ 雲をお越し 雨を呼ぶ力を持つ想像上の生き物 これはもう理由ですよねー 祝いの席を彩る にゅーえろ 観光をするという竜の姿は山の頂 その下に 恋と何やら足の生えたもう1匹の恋 恋の進化登りですね東京タワーの8インチなんだよこれ さらにこうしなきゃしてでええまあ良くなっていくという そういう未来に 表現したぞ 一方チャンピオンやな裏 いよいよここからは得意のフルーツカービングを ええええええ これぞ やな裏の得意技フルーツ母ん フリーハンドでナイフを波打たせていく 何とも美しい大輪の花 いやー出ましたねアナ浦さんのカービング たい人もビックリスイカの花でございます これがスイカなんですからね マッカイ波打たせられるのがすごいですよね 長ベラはちょっとね波なことって 綺麗に見えますのでね 花が咲きましたスイカの花がいい 続いてメロンでございますメロも花が咲くん台がベロも同じようにメロンの早崎枚 ボタンと花座りっての中に さらなるや殴らマジックはメロン人 微妙にナイフの入れ方を変えることでん 一味違った顔の花びらま また一つ それは 様々な文化を取り入れ成熟し見事に花を咲かせた 現代という名の穴 ん その見事なナイフ捌きん 外国人も興味津々 伝統を重んじる時代の上現代の花が咲き誇る 古いものと新しいものっていうことは50周年のイメージを試みたいなものがこう表現 できればも白菜っていう 続いてやな裏が魔法をかけるのは杏仁 またもフリーハンドで薄く波打たせながら あっとしていい エドさんもまた人参をまた難しい最高 wh 渕之上からやってるんですけどこれ 興奮したたちとから下の葉っぱからやっていくっていうやったらやりたくないんです けど 音声は 上下逆さになるんじゃなくなるんですね その間も探さカービン 下から作っていくことで小さな花をバランスよく仕上げる高等テクニック 常に進化を続けて新たな技を習得し続ける チャンピオンやな裏 タイの人もやらないって言うなんすかねあの まあいわゆることもあり波乱ネーションの花みたいなことで在庫入って ニンジンがこれですからね どの月4日 さらにんほんのり色付けした街コンを 本物と美馬もばかりのみずみずしいんかねーしょん 果たしてこの花が氷見するものとあ じゃんぴおんステージも良いよ小角 the いよいよ 手を止めてもらいましょう残り321シュルッ 疲れ様でしたーー さあそれではお母さんタイトルをカメラのかってどう恋が昇りて流となる はいみなさんお見事でしたーー 恋が昇り体言うとなる さらなる高みを目指して 先へもっとその先へ どんなに滝の流れが厳しくとも恋は進化しながらいつかは流になる たゆまぬ努力と闘いの果てそこに見るのは美しい風紀のボタンと高潔の聞く さらなる進化を遂げてほしい 東京タワーを送る力強いエールをはの方超技に隠した作品である たいと喉の a メモリアルフラワー2008です ヤナさんお見事でしたーー メモリアルフラワー2008過去現在そして未来へ 東京タワーの50年という長い歴史を 花タワーに見立てた嫌なうらう 伝統を重んじる過去を経てへ 華やかに艶やかにやがて美しく開花した現代の花 その柔らかなカーブといい花びらのグラデーションといい全てが誰もの目を釘付けに する まるでライトアップされた東京タワーのごとくいろ鮮やかに輝く現代 その先へ続く未来も変わらぬ美しい花を咲かせることができますよ 伝統のカーディング技術からさらに進化した逆さカービングをテクニックが 常に前進し続けることの大切さを代弁する 過去があるからこそ未来がある そんなメッセージを込めたメモリアルフラワーが花開いたある 果たしてどちらに勝利の花びらが舞い降りるのか の時 審査員は専門家3年 東京タワー松末反映しますようにということでまぁストーリーつけていただいてですね 大変ありがたく思っておりますしそりゃがあるということが大事だね 艶が花の繊細さ 花も喜んでますよこれ n村さんの2連覇が成るかそれとも からさ新チャンピオン誕生となるか さあ発表 お願いしますだろっっ 矢田裏五野郎ん 東京タワーの4ですねグーンとも強い伸びていく味活力てますからねしか立っています か そしててっぺんは ぱらんどごとく 花が咲いているとこの構成ですねこれが素晴らしいと思いました 力不足でしたはいまた精進しますとてもこう楽しく嬉しくてきましたですからとても 感謝しております支援バーを目 dollar 魔防のよう テクニックでや治らやつ彦がっ love チャンピオンにその名を刻んだ

TV Champion_Knife Artists' Championship

45 thoughts on “TV Champion_Knife Artists' Championship

  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    It doesn't matter who wins , or who lose . The respect is the same to the first and the final . Great skills all of them

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Love the passion, great skills

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    The guy with the cleaver is scary lol

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    I watched all of this and honestly i'm not even mad about it. Worth the investment

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    meh….the manga is better.

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Stupid presenters in their faces saying all that shit causing them to fek up! Lol. Think I'd have stabbed them already! 😀

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Suzuki's 2mm apple peel carving attempt was very impressive!

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Okadas work in the end was much more detailed and intricate also I feel he should have won.

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Who else feels like ordering Chineese take out right now?

    The answer is no one since this comment is 1,180,005 days since this was posted.

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    OMG the tv presenters in the background LMAO

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Are their fingernails that dirty or is it from the food they're handling?

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Also these tests seem contrived, for the cucumber test you should have gotten negative pointe for bad ones because that is wasted material, slicing a lemon thin is great but there should be at least some time constraint, the same with the apple peeling, they should have said like youhave 20 minutes and every minute you have left counts for another 10 points or something to be added to the total number of centimeters that the peel was. However I think a better test would have been how round could they peel the apple in one single peeling ie on your first cut.

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Does anyone else think that saying "God will descend on the shinny blades of these knives," sounds a bit like god will be stabbed by them???

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Mum said don't play with the food 🙂

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    I feel ockana (or however you spell that) should have won, he showed alot more techniques and was more interesting to look at.

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    That's one huge apple

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    私はこれらのシェフがそれらの汚れた爪で食べ物を調理しないことを願っています!I hope these Chefs do not cook food with those dirty fingernails!

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    My choice lost at the end to a champion using the SAME TECHNICS..smh

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    23:25 From the look on his face.. Katsuyuki is comiting suicide after this is all over for sure!

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    I would loose all my fingertips and have stitches on all my knuckles…these dudes are for real.

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Yanaura plays classic. It's like everyone knows it's good and difficult. Nobody can deny the detail and how sharp the flowers looks

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:08 pm
    Permalink

    Water is okada's specialty

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Okada is crazy imbalanced

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Yanaura's tower of Melons was meh.

    Okada's Evolution from Carp to Dragon shows real life events from the history of life on earth. The struggles of creatures in the wild. The way fish swim up river up waterfalls to lay eggs that will become the next generation to live around the mountain. Aspiring to be a powerful Dragon is a noble goal.

    But the propaganda was very strong here. Selected, not elected.

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Me at 3am:

    Youtube: Wanna see some Japanese chefs carve some shit?

    Me, an American with not a cooking bone in my body: Hell yeah brother

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    It's funny how one of the finalist is twitching his lips like he was on crack..

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Competition is fixed…

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Yanaura is good but i don't think his concept is better than Okada's

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Wowwwwww!!!amazing skill

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    the knife is sooooo sharp….. perfect for circumcision purpose

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Okada winning the fucking sculpture contest? fucking BULLSHIT

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    放你妈屁,中国厨师切出来的东西好你们小日本一百倍,真特么能埋汰人,自己长猪脑就算了,还说别人不好

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    The dude woth the huge lips looks really unsettling…

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    This is amazing!!! I thought it was funny that the narrator sounds like zoro from one piece. XD

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    三河弁の人って楽しい人多いなぁ
    岡田さんきゅうりの時に手怪我してるー

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    Viet nam caring

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    鈴木おおすぎぃ

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    一番大変なのはキュウリの枚数数えてる人だと思う

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    切れてねぇとかうちのオカンと並ぶ腕前

    Reply
  • June 17, 2019 at 11:09 pm
    Permalink

    岡田手汚い

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *